トイレのつまりを直すには、身のまわりにある道具を使うことが必須です。なかでもラバーカップを使った対処法はとても簡単であり、一番楽な解決法として知られているのでこちらを利用してみましょう。

ラバーカップを使う場合にはコツが必要になります。そもそも和式と洋式では使い方が違うことをご存知でしたでしょうか。和式トイレで使う場合はゴムを内側にひっこめた状態で、洋式の場合はゴムを出した状態で使用します。最近では和式用、洋式用、さらには節水便器用のラバーカップなど、トイレの種類に応じて変更されているものもあるので、自宅のトイレに合わせて購入するのもおすすめです。それぞれのラバーカップの使い方は、基本的に同じやり方となっており、そのままトイレの穴の部分に入れます。さらにラバーカップのまわりに水を注ぎます。最後にラバーカップを穴と平行になるようにしっかりとあてて隙間をなくした状態にし、つまっている部分を引っこ抜きます。

ここで重要なのが、実際1回ではなかなか取れないということです。取れなかったからといってあきらめず、何度か挑戦してみましょう。そうすると、詰まっている原因の部分が出てきて、きれいに流れるようになります。

 

トイレのつまりは湯で解消

トイレのつまりを直すには、ラバーカップで直すのが一般的なやり方といえます。とても便利ですし、簡単にできるので時間もそこまでかかりません。しかしながら、手元にラバーカップがなかった場合もあることでしょう。わざわざ買いに行く余裕もないとときは、お湯と重曹で解決することをおすすめします。方法はとても簡単で、まずお湯を用意し、少しずつ便器に流します。そして重曹を少し加えて、約1時間放置しておきます。これだけです。つまっていたトイレットペーパーやティッシュペーパーなどがお湯によってやわらかくなり、流れていく可能性があります。ちなみに、お湯といっても熱湯ではなく、40℃程度のあたたかい湯を用意しましょう。そもそも便器はそのほとんどが陶器でできているために、熱湯には向いていないからです。

ただし、注意してほしいのは、こうしたお湯や重曹を使うやり方は、あくまでトイレットペーパーやティッシュペーパーなどのお湯を使って有効なものがつまっている場合です。もしお子さんがおもちゃを流してしまったり、あやまって自分のスマートフォンを落としてしまったりなど、固形物などの取り出したいものの場合はやはりラバーカップを使うほうがよいでしょう。お湯では返って奥につまってしまい、余計に取り出しにくくなります。

お湯を使うことによってトイレに詰まっている紙類をふやかして、流れやすくするという方法です。
しかし、トイレが詰まったから、お湯を使って解決するという発想は危険です。
もしつまりの原因が紙類であればこの方法は有効ですが、万が一、ペンや置物などの固形物だった場合、
詰まっているものを更に奥に押し込んでしまう事になります。
更に、便器は陶器で出来ているため、熱に弱く、熱湯を注ぐと割れてしまう恐れもあります。
トイレ詰まりの解決方法として、お湯を使う時は、絶対にその原因が紙類であると断定できる時のみ、そして使用するお湯は40度くらいのぬるま湯をお使いください。

トイレがつまってしまった場合はまず、何が原因でつまったのかを考えるようにしましょう。その原因によって対処方法は変わってくるからです。自分で対処しきれないと判断した場合はなるべく早く専門の業者に修理依頼することをおすすめします。


日常的に使うトイレは、1人暮らしでは一日に数回、家族で住んでいる場合にはそれ以上に使い、毎日酷使されている状態です。日々使っていればときどきはつまってしまうなどの故障が生じてしまうもの。毎日使っているものですから、あたりまえともいえるでしょう。しかしつまってしまうと使えなくなり、とても困ってしまいます。トイレのつまりにはどのように対処するべきなのでしょうか。

トイレのつまりの原因はさまざまにあり、ふだん流しているトイレットペーパーから、つまりやすいティッシュペーパーなどを流してしまった場合、さらにはすでに長い間使っているために尿石がついてしまって取れなくなっているなどが挙げられます。つまり、トイレのつまりを解消する対処法は原因に合わせていくつか挙げられるというわけなのです。

つまりを対処するには、まずは道具を用意する必要があります。何もしないでつまりが直ることはほとんどないので、自宅にあるさまざまなものを使って対処をしていきましょう。対処する場合にあると便利なのが、ラバーカップです。これはトイレのつまりだけではなく、お風呂やキッチンの排水管のつまりにも利用することができます。ほかにはバケツを使ったり、お湯と重曹を使って流したりと、やり方はさまざまにあるため、自宅にあるものを利用するのがよいでしょう。もしどれもないとしてもスーパーやネット通販で手に入ることがあるので、購入するのも一つの手です。